徒然に思いついたことを・・・
by f-liberal
<   2004年 10月 ( 44 )   > この月の画像一覧
ビンラディン氏??
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041030-00000283-jij-int

 ビンラディン氏のビデオが流されたようだが、本当に生きているんだろうか?よく分からん。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-31 18:32 | 気に留めた記事
から揚げ弁当
 
a0016304_1829598.jpg
俺が子供の頃から食べているひいきのお弁当屋さんのから揚げ弁当。450円(税込)。これはご飯大盛りだから500円(税込)。

 もうかれこれ、30年近く食ってるんじゃないか。おいしいんだよねえ、ここの店。お店は商店街の通り沿いにあるんだけど、お昼時は、近所の人、買い物ついでの人、周辺の会社の人などなどが順番待ちをするくらい人気あり。

 当初は、その通りの角地で営業していたけど、聞くところによると(噂なので真偽不明)、このお弁当屋が繁盛するのを目の当たりにした大家さんがこのお店を追い出して自分でテイクアウトの「すし屋」を始めたため、そこから数十メートル先の場所に移転。確かに、このお弁当屋の後には「すし屋」が出来たのだが、その店は程なく閉店、お弁当屋は現在も繁盛中。真偽不明の話ではあるが、仮にそれが真実だとすれば、皮肉な話というか、場所さえ良ければ店が繁盛するという訳ではない事の事例だな。

 から揚げの衣が他店とちょっと違うかな。味はややしょっぱ目。濃い口が好みの俺にはちょうどいいが、薄口好みの人にはしょっぱく感じるかも。このお弁当屋さんの人気の理由のひとつはご飯がおいしいことかな。ちょっとごま塩を振ってあって、それが食欲を誘うんだよね。他店とはここが決定的に違う。
 
 ちなみに、あんが掛かったハンバーグ弁当もおいしい。

 まあ、個人商店で何十年も愛されて繁盛している店だから想像つくでしょう。

 うまいんだよ、これが。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-31 18:28 |
記憶

 加齢ネタでもうひとつ。

 歳をとると記憶力が悪くなるとか物忘れが激しくなるとか言うけど、俺が自らの体験で思うのは、記憶の喚起が円滑に出来なくなってくるということだな。

 決して覚えていない訳ではなく、忘れた訳でもない、直ぐに出てこないんだよな。

 人の名前とか、ちゃんと覚えているんだけど、「エーと、何だっけ、あれ、ほら、あれ・・・。」というように加齢とともに段々となってくる。その時には思い出せないので、なんか気分が悪いというかすっきりしないのだが、大丈夫、しばらくするとふっと思い出すから。

 若い頃はこんなことなかったけど。誰しもこうなる訳ね。俺はならねえよ、と思っていても、なるんだよこれが。俺も昔はそう思ってたんだから。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-30 10:31 | 告知・雑感・その他
小さい文字が・・・
 あちらこちらのblogを閲覧して廻っているが、歳のせいか、フォントサイズの小さいblogは結構疲れますな、読みきるのに。まあ、休み休み見るか。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-29 19:05 | 告知・雑感・その他
サインポール
 幼稚園の頃から通っている床屋がある。最近、そこへ行った際に、床屋の店先でくるくる廻っている床屋のシンボルの名前を初めて聞かされた。

 サインポールと言うらしい。

 知っている人にとっては常識なのかもしれないが、床屋の親父は以下のような説明をしていた。

 サインポールは青赤白の3色で出来ていて、それぞれ、静脈、動脈、包帯を象徴しているとの事。昔のヨーロッパでは、床屋が外科を兼ねていたとかで、そのことが由来となってサインポールが人体を象徴するようなものになったらしいとの事。昔のサインポールは人間の頭を形取った丸いものが乗っかっていたりもしたそうだが、現在はそれらが省略され四角い格好になっているようだ。

 単に床屋の印だ、くらいにしか思っておらず、そんな由来があることなど全く知らなかったが、聞いてみると意外に面白いな。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-29 18:00 | 告知・雑感・その他
大地震(2)-その後-

 昨日も大きな余震があってか、新幹線を始めてとして復旧作業もなかなか進まないようだ。瓦礫に埋まった車からは子供一人が救出されたが、残念ながらお母さんともう一人のお子さんは亡くなられたようだ。合掌。

 この新潟県中越地震で亡くなった人の数が○名と報道されている。地震の直接の被害(落下物の下敷きになったとか)によって死亡した人ばかりではなく、地震後に体調を崩して亡くなられる人達もいるようだ。

 元々体調不良を抱えている人達の健康悪化も心配だが、一見健康だった人も震災のストレスや不安で急に体調を崩すような人もいるだろう。季節的に寒さが募ってくる時期だけに、仮住まいなどを整えていかないと益々震災後に亡くなられる人が増加するのではないか。

 義援金受付募集などが新聞その他に出ているが、手続きに金融機関などの窓口へ行くのが面倒な人には「ドラえもん募金」(確か、テレ朝主宰)のような電話をコールすれば足りるようなものもある。

 こんな応援でもいいのではないだろうか。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-28 22:22 | 自然環境
島田紳助さんが涙の謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041028-00000201-kyodo-ent

 どうして同じ会社の人間とこうもこじれたのか前後の文脈がよく分からん。まあしかし、泣くなよ、紳助。これは明日のワイドショーネタかな。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-28 22:14 | 気に留めた記事
悪法も法なり??

 「悪法も法なり」と言ったのは、ソクラテスでしたっけ?まあ、逸話でしょうから、本当にそう言ったのかどうかは判りませんが。


 「悪法も法なり」との言は、どんなにひどい法であっても法である以上はそれに従わなければならないとの趣旨でしょうかね?そして、ソクラテスは毒杯をあおって刑死したと・・・。

 大哲学者ソクラテス先生がおっしゃられるのであれば、「その通りでございます。」とつい思ってしまいがちですな。確かに、ソクラテス先生の活躍した時代においては、それは真(まこと)であったのでしょう。ですから、ソクラテス先生は間違ったことをおっしゃった訳ではありません。

 しかし、近代以降の社会においてはどうでしょうか。

 市民革命以後、個人の尊厳を中心的な価値とした人権保障の体系が発展し、人権保障の基礎法としての憲法(近代的意味の憲法)が制定されています。社会の最高法規たる憲法に定められた人権保障をないがしろにするような法律すなわち悪法は憲法の名において排除されねばなりません。憲法が法体系の中で最高位に存在し(最高法規性)、憲法に抵触する法律を違憲立法審査権によって無効とすることができるのも個人の尊厳・自由を最高の価値として、それを守るためです。

 とすれば、現代においては、「悪法も法なり」とのソクラテス先生の言は妥当しないでしょう。妥当しないというよりも寧ろ我々は、我々の自由の砦である憲法を以て不断の努力によって悪法を排除していかねばなりません。
 
 もっとも、悪法排除は国会(国会議員)の立法権や裁判所(司法官僚)の司法権・違憲立法審査権の行使を待っていては実現できないでしょう。我々の自由獲得への不断の努力と権力への懐疑と監視とが絶対不可欠です。

 歴史がそれを証明しているでしょう。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-26 20:06 |
大地震

 新潟県を中心として大地震が発生。テレビは専らこのニュースを報道中。死者も出た模様。当地も軽い揺れあり。

 新潟及び近辺の方々、大丈夫でしょうか。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-23 22:53 | 自然環境
ひきこもり36歳男、父と寝たきり母を殺害
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041019-00000311-yom-soci

 うーーーーーーん。何とかならんかったのか。切ない事件だ。
[PR]
by f-liberal | 2004-10-21 17:48 | 気に留めた記事