徒然に思いついたことを・・・
by f-liberal
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
民法出デテ忠孝亡ブ
 昨年12月1日に公布され、本年4月1日から改正民法が施行されている。その主な改正点は、これまでカタカナ混じりの文語体であった条文をひらがな混じりの口語体に改めることと保証制度の改定だ。

 そもそも民法典は明治時代に制定されたものだ。民法の概説書によれば、最初は、パリ大学教授であったボワソナード先生らに民法典の起草を委嘱し、完成を得て公布されたとの事だ。

 しかしながら、その内容が「わが国情にあわない」とする反対派が標記スローガンの下、施行反対を訴え、推進派との激しい論争の末、反対派の勝利に帰し、結局ボワソナード草案は施行されることなく葬られる結果となった。

 結局のところ、明治時代における家制度・男尊女卑思想に対して、ボワソナード草案は自由主義的でありすぎたということか?

 この顛末は、現代における夫婦別姓論議にも相通ずるものがあるようだな。夫婦別姓が導入されると家族の一体感が阻害されるなどの軽薄な主張は、前記明治時代の思想から一向に抜け出ることができない連中がいることを示している。

 成長しない奴らだ。
[PR]
by f-liberal | 2005-04-23 04:40 | 法/民法