徒然に思いついたことを・・・
by f-liberal
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
小せえ・・・脅迫か?・・・てか「仕込み」?
 レストランで注文した料理に「髪の毛」が入っていたら、あなたはどうしますか?

 先日、あるTV番組を観た。男女のカップルがレストランで料理を注文し、彼女の頼んだ料理に「髪の毛」が入っていた時、男の取る態度の内、どれが度量が大きいと感じるか、というものだった。確か、100組くらいのカップルを撮影して、それを通行人?に見せて回答を得ていた。

 結果、度量が大きいとの回答が多かったのは、「店員を呼んで、周りの客に知られないように配慮して、料理を代えてもらう」、「ユーモア混じりに店員に伝えて料理を代えてもらう」というようなものだった。

 まあ、妥当な線じゃないかな。

 俺だったら、女に「こっちを食べる?」と俺の方の料理を食うか聞いて、「そうする」ということだったら、料理を女のものと取り替えて、俺は「髪の毛」除去して平気で食うが(笑)。てか、髪の毛1本くらいじゃ死んだり病気になったりするこたあ無いだろうし、気をつけていても偶には髪の毛が入っちゃうこともあるだろうから、いちいちそんなことに目くじらたてんでもいいだろうっつうことだ。

 で、もし、女が「これじゃなきゃ駄目」って言えば、店員を呼んで代えて貰うだろう。

 まあ、普通こんな感じじゃないの。

 先日、しばしば行くある蕎麦居酒屋で、鳥の手羽先を注文したのだが、店員が間違えて、俺達の後ろのテーブルの客に持って行ってしまった。で、店員がすぐ気が付いて、俺達の方へ持って来たのだが、(俺は見ていなかったが)連れが「向こうのお客さんが箸をつけちゃってたよ」と店員に一言言ったのだが、俺は「まあいいよ、俺が食うから」と言って、食っちまったが(爆笑)。まあ、俺の感性からすると、代えて貰う程のことでもないということだが。

 で、何が「小せえ・・・」かと言うと、そのVTRの中で、「それだけかい?誠意を見せろ。お前じゃ駄目だ。」とか難癖を付けて、注文した料理全てただにさせようとしていた男が2人くらいいたことなんだが。

 俺に言わせると、「お前、それは強要だろ。誠意っつうのは、自発的に湧き上がってくるものであって、テメエに強要されるもんじゃねえんだよ、糞野郎」となる。人のミスに付け込んで、言いがかりを付け、不当な利益を得ようとするゲス野郎ということだ。

 まあ、通行人には、そういう奴は極めて不評だったから救われるが、こういう奴も実際にはいるんだろうな。まあ、VTRに映し出されていた奴は、番組の仕込みかもしれん。全く素人なら、TVで放映しますんでってことで許諾を取っているはずだが、あんな言いがかりの場面を「ええ、どうぞ、流して下さい」と簡単に承諾してくれるとは思えんのだが。

 まあ、本当の腐れ野郎なら、自分の行為が正当なものだと勘違いしているかもしれんから、「ああ、どうぞ」と言うかもしれんな(嘲笑)。

 あのVTRに出てた言いがかり男数名が、「仕込み」であることを願うばかりだ。
[PR]
# by f-liberal | 2006-04-25 23:29 | 告知・雑感・その他
マスゴミと日和見世間様はとりあえずここでも読め!
http://web.chokugen.jp/miyazaki/2006/04/10_c718.html

 安田好弘弁護士・・・尊敬してやまない本物の弁護士である。
[PR]
# by f-liberal | 2006-04-25 22:29 | 法/刑事司法・冤罪
アムネスティ・インターナショナル報告 世界中に2万人の死刑囚
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=125

 先進工業国の中でアメリカ合衆国と並んで(但し、アメリカは州によっては死刑を廃止しているところもある)死刑制度を存置している人権後進国の日本も他国のことをとやかく言う資格はないが、中国の実情は酷すぎるな。
[PR]
# by f-liberal | 2006-04-21 22:30 | 法/刑事政策
共謀罪 断固反対!
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=123

 市民的自由を狙撃する「共謀罪」、治安維持法の復活に断固反意を表明する。
[PR]
# by f-liberal | 2006-04-19 22:31 | 法/刑事司法・冤罪
歯又は歯茎の調子が悪い
彼此2ヶ月くらい前からか?歯の調子が悪い。始めは、冷たい物を飲んだり食べたりした時に、ピシっという沁み又は痛みが走った。

 その後、半年に1回程度行っている歯石取りの為に歯科医院へ行った際に、その事を告げたが、虫歯になっているところも見当たらず様子を見ることになった。

 そうしたところ、鈍痛が発生するようになった。特に、夜寝入る際に鈍痛を明確に認識した。どこかがおかしくなっていると思い、タオルの先端を水に浸し、鈍痛のする右下奥歯付近を1本1本当たっていった。結果、クラウン(歯の被せ物、銀歯)を被せてある歯の根っこが沁みる事を確認した。

 そこで、再び歯科医院へ行って、その事を告げて診察を受けた。レントゲンを取ったが、その歯は神経を取ってあるし、根っこに膿が溜まっている様子もなく、沁み又は鈍痛の原因は結局はっきりしなかった。よって、また様子見となっている。

 昨夜は、いつもの鈍痛が和らいでいた。その代わり、これまでになかった鈍い違和感が強くなり、現在も続いている。俺は、先の濡れタオル検査で、クラウンを被せた第1大臼歯の根っこが悪くなっていると考えたのだが、今日の具合を考えると違うかもしれない。ひょっとしたら、その前の第2小臼歯が何らかの原因で沁み又は鈍痛を発生させているかもしれないと思うようになった。濡れタオルを当てて沁みた部分というのは、第1大臼歯と第2小臼歯の間の部分であった。外観上全く問題のない(虫歯に食われた所が見えない)第2小臼歯が原因とは全く考えず、第1大臼歯が原因だと思ってしまったからだ。

 そう考えると、舌で第2小臼歯を刺激すると痛いような感じもする(苦笑)。しかし、先日のレントゲンでは、当該第2小臼歯も映っていたが、虫に食われた跡は映っていなかったからなあ。よく分からん。何らかの原因で、第2小臼歯と第1大臼歯の間の隠れた部分又はその歯茎の部分が傷んでいて、沁み又は鈍痛を発生させているのだろうか。

 歯科医師は、「いずれにしても大したものじゃないでしょう」と言っていたが、早く自然治癒なら自然治癒で、治療なら治療でこの鈍痛や違和感が治まってくれないことには、他の事柄への集中力が極端に落ちてしまう。今日は、鈍痛が和らいでいるからこのまま自然治癒してくれることを期待しているが。

 年齢的に歯周病が気になるが、歯科医師曰く「歯茎はいい色してるんだよなあ。歯石もあまり付かないし、本当に綺麗になっているわ」とのことだったからなあ。一体、この沁み又は鈍痛の原因は何なのか?レントゲンにも映らない程の微妙な傷みが第2小臼歯又は第1大臼歯に起きているのか?

 いずれにせよ、早く治まってくれ。
[PR]
# by f-liberal | 2006-04-19 19:01 | 告知・雑感・その他
転載紹介 「拠らしむべし、知らしむべからず」の誤った語法が意味するもの
転載紹介 「拠らしむべし、知らしむべからず」の誤った語法が意味するもの

 華氏451度さんからトラックバックを頂戴した。当該記事の内容に対する意見は措いておいて、とりあえず、「拠らしむべし、知らしむべからず」に関する論考を転載し、紹介する。

 「拠らしむべし、知らしむべからず」の誤った語法が意味するもの

 
 新聞をはじめ多くの人(緻密な調査をする司馬遼太郎ほどの人ですら)は、上記の言葉を次のような意味で使っている。「お上(政府)は本当のことを隠して、政府官僚が決めたことを人民に押しつけ従わせている」と。厚生省の薬害エイズ事件、最近の過大請求返還にかかる不正減額(背任)で防衛庁ぐるみの関係資料隠しなどの事件があると、決まってこの言葉が浮上する。しかし実は、この語法は完全な誤りである。

「論語」泰伯篇にあるこの言葉の正しい意味について、沢登先生に調べてもらい真意味をお聞きした。

   民可使由之   民ハ之ニ由ラ使ム可シ
   不可使知之   之ヲ知ラ使ム可カラズ

「之」とは、「王者設教(為政者が人民に示す教え)」(鄭玄の古注)、「理之当然」(朱子<朱熹>の新注)、「政教」(安井衡<息軒> の集注の案)、「礼法」(服部宇之吉の校訂)、「政治・法律」(同人の訳注)などと書かれているが、孔子が「為政者の務めは『仁』即ち一般意思を理念として礼法を定め政治を行って人民を教え導くに在る」と言っているのだから、「之」とは「仁」を指すと考えるべきだろう。いずれにせよ、各注のどれを見ても、仁(もしくは政教、礼法など)を「知らせる(明確に認識させる=自覚させる)」ことは不可能だが、「由(よ)らしめる(知らず知らずそれを踏み行うようにさせる)」ことはできるということである、としている。

 また、程子(程頤)は、「聖人は教えを設けるに際し、人をして家ごとに喩(さと) り、戸ごとに暁(あきらか)なることを欲しないわけではないが、現実にはなかなかそうは行かなくて、ただ教えに由らしめることができるだけだ。もし聖人が人民に知らせないのだと言うならば、これは後世の『朝四暮三之術(*)』である。どうして聖人の心であろうか」と述べている。

 誤った語法は「由」を「拠」とし、「可・不可」を「可能」の意味ではなく「命令」の意味と誤訳したためであるが、そのような誤訳をした背景には、市民社会の形成と民主主義の成熟が不十分な日本社会にあって、官僚政治支配に対する貧困な批判精神と変革実践の怠慢という自分たちの限界を直視しようとせず、この語を誤って使用することによって社会を嘆息してみせ、自らを慰めることに終始してきたという事情があるのではないか。

 宇宙超出学に当てはめて言うならば、「この思想の根本義をすべての人一人ひとりに深く理解してもらうことは不可能だが、この思想に基づいて法政経済の仕組み(政)と倫理宗教(教)を改革することにより、知らず知らずのうちに人々がこの思想の意とするところを実践するようになってもらうことは可能だ」ということになるかも知れない。

(*)朝四暮三之術:宗の狙公が猿の食餌を制限しようとして「栃の実を朝三つ暮れに四つやろう」と言って猿を怒らせた後に、「では朝四つ暮れに三つやろう」と言って猿を喜ばせた、という話から、詐術を用いて人を己の意に従わせる権謀術数のこと。

出典:高見優著、宇宙超出第9号、1998年10月15日、宇宙超出学会発行
[PR]
# by f-liberal | 2006-03-17 00:09 | 社会
裁判は茶番でいいはずがない
裁判は茶番でいいはずがない

http://www.miyazakimanabu.com/judicial/000170.php

 宮崎学御大の言に全く賛同するものである。
[PR]
# by f-liberal | 2006-03-15 14:23 |
(転載) 3・5袴田事件講演会のお知らせ
http://hakamadajiken.hp.infoseek.co.jp/

日 時:2006年3月5日(日)  午後6時~7時30分
会 場:新田ボクシングジム
<住所>神奈川県川崎市多摩区登戸2832 広瀬ビル1F
<電話>044-932-4639
交通機関:小田急線 向ヶ丘遊園駅南口 徒歩5分
内 容 :
※ SBSテレビ放送『宣告の果て~確定死刑囚袴田巖の38年~』鑑賞会
※ 支援団体『袴田巌さんの再審を求める会』事務局からの講演"
[PR]
# by f-liberal | 2006-02-24 21:39 | 法/刑事司法・冤罪
紅富貴
http://cart03.lolipop.jp/LA09260602/?mode=ITEM2&p_id=PR00100798406

 花粉症ではない、ないに違いない闘うリベラルである。今年の花粉の飛散予報では、昨年よりだいぶ量が減少の見込みらしい。尤も、昨年が大量発生し過ぎということだったが。

 花粉症に効果があるらしいということで近年話題になっている「紅富貴」という緑茶がある。本来は紅茶の品種だが、それを緑茶として製造しているとのこと。紅茶だと花粉症に効く成分がなくなってしまうそうだ。

 まだまだ生産量が少なく、一般の茶に比べてかなり高価だ。しかし、花粉症に苦しんでいる方は、試してみる価値はあるかもしれないな。本当に効果があれば、病院へ行く手間や薬代と比較して、べらぼうに高いということもないだろうから。
エントリーの編集
[PR]
# by f-liberal | 2006-02-10 00:27 |
国策捜査との指摘もあるが・・・
 ライブドアの堀江社長らが逮捕されたと報道されている。テレビ朝日系列とNHKは特別番組を放送しているようだな。

 ライブドア捜査は、何かの目くらましのための国策捜査ではないかとの指摘が様々なブログでなされているようだ。まあ、証券取引法違反の被疑事実の存否の程は、俺は分からん。ただ、ライブドア本体の粉飾決算がどうのこうのと言われている件については、一般論として、粉飾決算は違法ではあるが、あちらこちらの会社で実際には行われていることだろう。ライブドアだけが殊更血祭りにあげられること自体が、何らかの意図を持った捜査との疑念を誘発する理由である。

 断っておくが、俺は、堀江社長のキャラクターや言動は大嫌いである。彼は、拝金主義の腐臭は感じさせるが、企業活動を通じた社会貢献などの理念は微塵も感じさせない。いわゆる「仕事」という内実のあるものを感じさせないのである。企業買収、株式分割などの技術を駆使して、資本の増加を図っているだけであって、汗水垂らして「仕事」をしている感じが全くないのである。

 そういう観点から言えば、ざま~みろと言いたくもなるが、嫌いな奴だからどうなってもいいというのは、品性下劣であり不当なので、そうは言わないでおこう。

 マスゴミは、相変わらず「ゴミ」であるので、『堕ちた寵児』などの情緒的な見出しで報道している。明確にしておくが、逮捕とは、単に捜査当局が刑事事件の被疑者の身柄を拘束する行為に過ぎない。被疑事実が、真実であるか否かも不明であるし、ましてや起訴もされていなければ、公判も開始されていない。その段階で、相変わらず、「推定有罪」どころか「断定有罪」報道を繰り返すメディアは「ゴミ」としか表現しようがないだろう。つい先日まで、「ホリエモン、ホリエモン」ともちあげていたのは、どこの誰だ。マスゴミお得意の掌返しで、早速、「堀江容疑者」になって、一層バッシングが展開されるのだろう。

 まあ、ホリエモンは大嫌いだが、被疑事実の真偽は俺には分からないので、事態の推移を伺うことにしよう。国策捜査でライブドア潰しに来たということであれば、逮捕された堀江社長その他は、公判において自らの主張を展開して貰いたい。

 とりあえず、特別番組を報道する程のこともないと思うのだが、こういう目くらましの間に国会で「共謀罪」その他の悪法が成立させられないよう監視しよう。
[PR]
# by f-liberal | 2006-01-23 20:46 | 社会